精神疾患・神経変性疾患・発達障害に注力したMedical Sleep Techスタートアップの「株式会社ACCELStars」が約3.3億円の資金調達を実施

2021年7月14日
世界最高レベル[1]の睡眠測定技術を有し、睡眠障害が併発されると知られている精神疾患・神経変性疾患・発達障害の治療支援サービスを開発する東京大学医学部発のMedical Sleep Techスタートアップである株式会社ACCELStars(アクセルスターズ)(本社:福岡県久留米市、代表取締役社長:宮原禎、「以下、ACCELStars」 )は、上場企業創業者や経営者を含む個人投資家等を引受先とする約3.3億円の第三者割当増資を実施したことをお知らせいたします。
ACCELStarsは、「睡眠を解明し、新たな治療を創造する」というビジョンのもと、2020年8月に東京大学医学部教授の上田泰己が会社設立いたしました。統合失調症、うつ病、双極性障害、パーキンソン病、認知症、ADHDなど精神疾患・神経変性疾患・発達障害は、睡眠障害を併発する疾患であり、これらの疾患の治療サポートサービスの提供をいたします。日本国内のみならず世界的に睡眠への関心が高いにもかかわらず、現在提供されている睡眠測定サービスは、医療へ活用するには睡眠と覚醒の検知精度が低いという課題があります。そこで、弊社創業者兼取締役CTOの上田を中心に開発した世界最高精度(別紙)の睡眠測定技術を活用したウェアラブルデバイスを医療業界を中心に提供していきます。具体的な事業としては、健康診断への睡眠測定の導入や、製薬企業と協業した新たな治療の開発を行ってまいります。

今回の増資に参加した投資家の方々

今回の増資に参加した投資家からのコメント

事業概要

会社概要

会社名 株式会社ACCELStars
代表者 宮原 禎
本社 福岡県久留米市百年公園1番1号
東京オフィス 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟 アントレプレナーラボ
URL https://www.accelstars.com/

経営陣略歴

経営陣写真: 上田(左上)、宮原(左下)、緒方(右上)、岩佐(右下)

経営陣写真

補足説明

  1. 睡眠・覚醒判定を行う際にこれまでのウェアラブルデバイスや解析手法を用いると、真の睡眠を間違わずに「睡眠」と判定する「感度」は高いものの、真の覚醒を間違わずに「覚醒」と判定する「特異度」が約20%~約50%と低くなるため、これまでのデバイスや手法の医学応用には問題があった。新しく開発された方法を用いることで、高い「感度」と「特異度」の両方を実現することが可能となり、医学応用で重要な「中途覚醒」を正確に見分けられるようになった。この簡便な睡眠・覚醒判定法によって、精神疾患・神経変性疾患・発達障害をはじめとする脳と心の疾患の診断・治療・予防分野への医学応用が大きく拓かれると期待される。別紙を参照。

本プレスリリースに関するお問い合わせ、取材のご依頼

株式会社ACCELStars 広報担当
e-mail: press@accelstars.com

当社事業・製品・サービス等に関するお問い合わせ、協業のご依頼

株式会社ACCELStars お問い合わせ窓口
e-mail: contact@accelstars.com

別紙

ウェアラブルデバイス・手法 研究者 精度 感度 特異度
ACCELStars 上田ら(論文準備中) 93.2% 97.2% 82.2%
Actiwatch-64 Kosmadopoulos+, 2014 88.0% 97.8% 26.9%
Actiwatch-64 Markwald+, 2016 89.3% 96.7% 37.0%
Fitbit de Zambotti+, 2016 90.9% 95.4% 42.4%
Apple Watch Walch+, 2019 86.6% 93.0% 54.1%
Oura Ring de Zambotti+, 2019 - 96% 48%